ギャンブル好きの”彼女”の影響は危険!男も女もギャンブル好きとかかわるべきでないワケ

 

【投稿者コラム】

私がギャンブルに出会ったきっかけは、20歳の頃にできた彼女の影響でした。

 

その彼女の家族はそろってパチンコが好きで、ギャンブルと無縁だった私は衝撃だったのですがある日一緒に行ったことにより私はパチンコデビューをしました。

当時は海物語で有名なSANYOの沖海3がまだ沢山並んでいた時期でした。本当に無知だった私はこんなにも早くお金が無くなっていくのかと、怖くなったのを覚えています。
今では何も思いませんが、1万円がものの1時間で消えるなんてどう考えても異常な光景に移りました。

ビギナーズラックといえるような勝ち方はしなかった思いますが、彼女に出玉をもらいながら付き合いの一環で10日に一度は一緒に行くのが習慣になっていました。

 

定期的に通うようになると、新機種がドンドン出てきてどうしても気になるようになってきます。
初めて打ったのは沖海3の甘デジですが、アグネスラムや地中海、そして沖海4など、ゲーム性は同じながらも演出が異なり、どうせ打つならいろんな演出を見たいと思うようになっていきました。これが今思うと、パチンコ店の策略なんだなと思います。

そして、すっかりパチンコ店の出入りに慣れたある日、数時間ぽっかり暇になった時がありました。
そばに時間をつぶせる場所もなく、思い浮かんだのはパチンコ店でした。
これが初めて一人で打った第1歩の記憶でした。

しかも行ったことがないいつも行かない店舗なので、余計ドキドキしました。そこで私が打ったのは、CRという普段よりもギャンブル性が高い機種でした。
いつもなら甘デジという大体100回転に1回は平均して当たる台なのですが、このCRは350回転に1回程度という、当時は考えられないくらいの確立の機種でして、当時の私はいつか打ってみたいと思っていたのでしょう。

誰も止める人がいなかったため、私は真っ先にそのシマへ行きました。
そして、なんと2時間で5万円勝つこととなったのです。当時20歳だったので、こんなにも簡単にお金が手にできてしまう成功体験は悪魔の様でした。

もしかしたらパチンコを真剣に頑張ったら普通に働くよりも稼げるのではないか、というバカな勘違いをしたのです。
それからは、ひそかに一人でも通い始め、パチスロのジャグラーというこれまた定番の機種を打つようになり、どっぷりはまっていくのでした。

あれから10年たち私は30歳になりますが、トータルの収支は大体マイナス500万円程度だと思います。
結局は大きく道を踏み外すのでした。

ギャンブルが怖いのは、単に負けた額よりも、それだけ時間がとられることの方が若い方は特に損失が大きいと思います。友達と遊ぶよりもパチンコに行ったほうが楽しいですし、そのせいで一緒にいれなくなった彼女や友達、妻(離婚しました)を考えると、ちょっとしたきっかけでここまで人生が変わったのかと虚しくなります。

それから、パチンコを優先するようになるので、待ち合わせや用事などのちょっとした約束が守れなくなりますし、時には嘘を言わなければならない状況にもなります。そういった苦しみから脱却するためには、やはりパチンコを卒業するのが一番だと思いますので、これを読んだ方は是非一度わが身を顧みて、自分と自分の人生を大切にして欲しいと思います。